荘厳な光で輝く

フォンテモヌメンタール、
リスボン (ポルトガル)


リスボンのフォンテ モヌメンタールの噴水照明が旅行者や住民を魅了しています

このプロジェクトの
設営チームでの作業は  

非常にシンプルでした。フィリップスの技術的なサポートにより、可能な限り短期間で最高の仕事を成し遂げることができました。 "

 

- ホアン・ペドリーニョ、H-テクニク社エンジニア

顧客の課題

 

美しいアラメダ噴水はリスボンっ子の自慢です。1940 年代に作られた噴水の照明には、以前は電力を大量に使用するハロゲン照明器具が使用されていました。リスボン市当局は、噴水の改修に際してエネルギーの消費を抑え、観光客を誘致できる照明システムを希望しました。

    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明 


リスボン市当局には、噴水に関していくつかの目的がありました。観光客を誘致し、都市を美化するために、人々の話題に上る安全で心地よい雰囲気と外観が求められました。さらに、旧システムと比較してエネルギーの消費を少なくとも 50% 節約できる新しい噴水照明を必要としていました。

 

フィリップスにはすぐに使用できる最新のソリューションがありました。噴水の内側に沿って C-Splash2 水中用照明器具を設置することで、中央に向かって跳ね上がる水の流れがドラマティックにライトアップされます。豪華な光が上方の馬と天使の像を輝かせてその威容を高め、道行く人たちは足を止めて眺めます。

 

元々設置されていた照明の見栄えを維持するために、4000k の温かな色温度を作る白色 LED を使用した C-Splash2 の特別バージョンが開発されました。フィリップスが使用したケーブルシステムにより、照明器具を電源から最大 45 メートル離れた場所に設置することができました。このケーブル技術は電力のロスを抑え、設置、運用、メンテナンスのコストを低減します。


C-Splash2 は、300W の電力を使用した以前のハロゲン照明と比較すると、25W の電力しか使用しません。最新 LED 器具と省電力制御システムにより、電力消費量を 91% と大幅に低減できました。記録的な節約です。

Pharos LPC2

人々に
誇りをもたらす

チーム

リスボン市当局

クライアント

マヌエル・サルッダーニャ

建築家

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website