壁を  都会的なエンターテインメント

センターに変える

双方向メディアファサード、

スペイン (マドリード)

屋外 LED ディスプレイが地域の向上に役立っています

LED アクション
ファサードは

社会的責任、市民参加、情報の伝達、社会的交流、レジャー体験を促進できる双方向媒体として設計されたインフラストラクチャです。 "

 

- マリア・ランガリータとビクトル・ナヴァロ - ランガリータナヴァロアーキテクツ

顧客の課題


マドリード市議会は将来に向けて市を発展させようとしています。非営利プログラムのメディアラボ-プラドは、若い人々がデジタル文化を作り、学び、拡散させることを奨励しています。しかし、都市エリアの人気を盛り上げながら、これらの活動を公のスペースで展開するにはどうすればいいでしょうか?
    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明

 

マドリード市議会は、市内でのデジタル技術の活用に好機を見出しました。ランガリータナヴァロアーキテクツに、「LED アクションファサード」の企画を委託しました。ビルの側面に簡単に設置できる大型デジタルスクリーンを制作し、さまざまなメディアを表示できるようにするというアイデアが提案されました。

 

フィリップスの Color Kinetics がこの案件に理想的でした。RGB LED の配列で構成されるこの製品を使用すれば、形状を調整できる表示デバイスを簡単に作成できます。チームはこの技術を活用して、世界のアーティストやデザイナーの作品を表示できる大型カラースクリーンを作成しました。また、スクリーンは双方向性なので、楽しいパブリックコンテストやゲームにも使用できます。

 

プロジェクトはあらゆる面で成功を収めました。スクリーンは若い人々のデジタル作品の表示に定期的に使用され、地元の人々は友人たちが見守る中、スクリーンで双方向ゲームを楽しむことができます。この結果、ラスレトラス広場の騒々しい一角が大きなアトラクションとなり、この近隣に住むことを望む人々が増えました。

 

LED アクションファサードが継続される限り、確実なことが 1 つあります。伝統的な「マドリレーニョ」の壁が非常に美しい形で何度も息づくということです。

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website