外観を

王にふさわしく

王宮、
ワルシャワ (ポーランド)


LED 屋外照明でワルシャワの王宮がよみがえりました

新しい照明の
おかげで、

形状や建築のディテールが夜間にも確認でき、城の美しさが引き立ちました。 "

 

- アンジェイ・ロッタームント教授ワルシャワの王宮ディレクター

顧客の課題


王宮はポーランドの誇りです。15 世紀にさかのぼる王族の彫像と華麗なファサードは見る人すべてを魅了します。しかし、城の管理者は、完璧に保存された城を最高の照明で見せる新しいイルミネーションコンセプトを希望していました。
    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明 


古城は長らく新しい照明コンセプトを待っていました。管理者たちは城のすばらしい建築様式を際立たせ、ファサードの色を保つ新しいシステムを希望していました。また、屋外照明が遠くからは見えず、城の広場の車両や通行人の動きを邪魔しないことも重要でした。城壁と同じくらい期待も高いものでした。

 

LED 照明はすぐにも期待に応えることができました。今や地中の投光照明は夜間も城に生命を吹き込み、美しい演色でくっきりとした白光を放っています。城のファサードの色合いは完璧に保たれ、照明は建物の壮大な外観を強調するドラマティックな影の効果を作り出しています。また、照明器具は地中に埋め込まれているため、目立たず障害にもなりません。

 

追加のアクセント照明が視線を屋根へと導きます。そこでは、eW Graze 線状照明が彫像を照らしています。澄んだ光がこれらを下からライトアップし、天使に似た彫像の姿が訪れた人々の記憶に残ります。夕暮れを過ぎると、城は間違いなく日中よりも美しく見え、崇高な建築様式や印象的な建築照明の効果に歓声が上がります。

 

屋外照明に LED システムを使用することで、エネルギー消費量は 70% 低減されました。さらに、投光照明の寿命は 50,000 時間なので、およそ 10 年間メンテナンスは必要ありません。

保存に値する 
荘厳な外観

チーム

王宮

クライアント

ピョートル・リンカ (ゼノライティング)

照明デザイナー

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website