LED照明で

夜間も安全に

フーギアンの橋、
マルメ (スウェーデン)


屋外 LED 照明によってフーギアンの橋が夜間も安全になりました

 

 

マルメのフーギアンの橋は、最小限のケーブルシステムに固定されたフィリップスの LED 照明器具で照らされています。

フィリップスはこのタイプの

照明ソリューションを提供した唯一の企業でした。私たちはすばらしいサポートを得ました。 "

 

ジョニー・クラウセン、マルメ市公共照明マネージャー

 

フィリップスの FreeStreet LED 照明器具。街路用ミニマリスト照明

顧客の課題

 

マルメのフーギアンの橋は、とにかく新しい照明を必要としていました。1970 年代以来、電力を大量消費する水銀灯を使用していましたが、照明は暗く、他のエリアにも光が分散していました。マルメ市当局は、フィリップスにもっと優れた方法がないか相談しました。

適切な照明 


長さ 34 メートル、幅 18 メートルの小さな橋ですが、クリアな照明が必須でした。ドライバーや通行者の視界が明るくなると同時に、エネルギーコストを低減する新システムが望まれていました。Light & Building フェアでフィリップスの FreeStreet システムを見たマルメの担当者が、橋の安全性の向上に役立つかもしれないと強い関心を示しました。

 

フィリップスは FreeStreet の設置に取りかかりました。ランプポストを使用しないフリーハンギングの照明器具を、電力も供給できるケーブルに取り付けます。新しいシステムでは LED ランプが下を通る道路に沿って正確に取り付けられているため、照明は過不足なく通りを照らします。「あるべき場所に照明があります」と語るのは公共照明マネージャーのジョニー・クラウセンです。「照明レベルを上げたい場所には、既存の配線に LED 照明を追加すればいいのが大きなメリットです」

 

新しいシステムによって、照明マストを追加することなく、光源数が増えました。マルメ市議会の希望どおり、LED は目立たないため、夜間は空中に浮いているように見え、日中もほとんど目に付きません。LED はエネルギー消費量が少ないだけでなく、橋の安全性も向上させました。しかも、寿命はおよそ 12 年半です。

 

フーギアン橋の水銀灯をエネルギー効率に優れた LED 照明に置き換えることで、設置後の総電力は 202.4W 減少しました。これは、マルメ市にとって年間 810 kWh の節電になります。

光を増やし
コスト低減も実現

チーム

マルメ市、街路部

クライアント

関連事例