古い工場が

魅力的なアイコンに

ニューカッスルのトフィー工場をライトアップ


一度は放棄された建物がビジネスと文化を促進しています。

夜間、みごとな  照明を浴びた

トフィー工場が美しく輝いています。何より、巨大な「ペンライト」に変身した煙突によって、ニューキャッスルとゲーツヘッドの深夜の文化イベント「ザ・レイト・ショー」の認知度が高まりました。 "

顧客の課題

 

1950 年代に打ち捨てられ、廃墟となったこのトフィー工場は、ニューカッスル市議会が最高級のオフィススペースに生まれ変わらせる決断を下すまで、取り壊される運命にありました。しかし、単調で目障りな存在をどのように活用すれば、この地域に新しいビジネスを誘致できるでしょうか?

    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明

 

"単調なビクトリア朝の煉瓦積みのトフィー工場には絶対的になんらかの色が必要でした。そこで、私たちは工場の 4 つのアーチと工場の象徴である煙突の周囲にフィリップスの ColorGraze および ColorReach 線状投光照明を追加しました。これらの照明器具は実質的にあらゆるスペクトルの色を生成できる RGB システムを使用しています。光が壁の端から上に射してくると、建物は数マイル先からも見える鮮やかな色で輝きます。

 

照明は、色をダイナミックに変化させるようにプログラミングされたフィリップスの PowerControl システムで制御されます。必要に応じた頻度で色を変化させることができ、輝度も最大からオフまで調整できます。柔軟な制御により、建物の所有者は特別な時に照明を簡単に変更できます。


メインの建物は白の eW Graze PowerCore 投光照明で照らされ、壁を下からライトアップすることでドラマティックな効果が生まれます。これらの鮮やかでパワフルな照明によって、トフィー工場は輝きを放ちながら空に向かって誇らしくそびえています..."

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website