ワクワク感を与える

展示品

ミモーザ ‐ ムービングフラワーズ、
ミラノ (イタリア)


LED 展示用照明がミラノ家具見本市の注目を独占しました。

この春のミラノ
家具見本市開催中  

トルトーナ通りのスーパースタジオピウには常に人だかりができている展示が 1 つありました。ロンドンを拠点とするジェイソンブルージュスタジオがデザインしたミモーザという作品で、フィリップスの Lumiblade OLED (有機 LED) の可能性を示すものでした。 "

 

- ジェイソンブルージュスタジオ、フィリップス Lumiblade について

顧客の課題


ミラノ家具見本市は、インテリアデザインに興味をもつ人にとってワクワクするイベントです。2010 年の見本市は、フィリップスにとって新製品 Lumiblade OLED を披露する絶好の機会となりました。ロンドンを拠点とするジェイソンブルージュスタジオが、この技術を使って目を引く展示を作成しました。
    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明

 

スタジオはすぐに展示用にすばらしいアイデアを思いつきました。花畑を思わせるディスプレイの作成には細い Lumiblade OLED が使用されました。400 個の OLED を 1 つずつ調整して、動いて色も変化する花びらを作りました。静かな状態では、輝く表面は平たんです。しかし、人が上で手を動かすと OLED が反応します。花びらは、ミモザのように色を落とし、身を守るように閉じます。

 

ブルージュは、彼の興味を引いた Lumiblade OLED の特性を熱心に研究し、何か楽しいことをしたいと考えました。「デザイナーとして、まず感動したのは、非常に薄かったことです。とても魅力的な薄いシンプルな発光システムです。そして制御できます。輝度は 255 レベルあり、鏡面張りのサーフェスは強い白で、温かくも冷たくも表現できます」と彼は言います。

 

OLED は光を変化させる機能に加えて、軽量であることから使いやすいという利点もあります。つまり、OLED の動かしやすさから、ブルージュは形が変化するディスプレイを作成するアイデアを思いつきました。

 

ミモーザのディスプレイは展示を見たすべての人を楽しませ、常にビジターに囲まれていました。それ以来、フィリップスには作品のディスプレイに興味をもった多くの組織から接触がありました。

ビジターをくぎ付けにする
OLED 照明
   

チーム

Philips Lumiblade

クライアント

Web サイトへ

ジェイソンブルージュスタジオ

照明デザイン

Web サイトへ

スーパースタジオピウ

Lumiblade クリエイティブラボ

現在展示中の作品

Web サイトへ

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website