現代の信頼性を 

伝統的な装飾に

 

プリンスのギャラリー、
ストックホルム (スウェーデン)


調光可能 LED 電球がストックホルム市庁舎に豪華な照明をもたらしました

これは
ユニークなプロジェクトです。

この新しい LED 技術が初めて文化的環境に設置されたのですから。 "

 

- マデレーン・シューステット、ストックホルム市文化不動産コミッショナー

顧客の課題

 

ストックホルム市庁舎はスウェーデンの国宝です。市が開催する市民レセプションに使用されるプリンスのギャラリーセクションでは、照明に 1920 年代のシャンデリアと壁掛けランプを使用しています。フィリップスは電力を大量に消費する白熱電球の代わりとなるエネルギー効率のよい電球を見つけることができたのでしょうか? 

    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明

プリンスのギャラリーの照明器具は伝統的な雰囲気づくりになくてはならないものです。最初の照明器具は、1920 年代の最新技術を披露するように設計されています。しかし、2009 年の 9 月、EU は白熱電球を禁止しました。市庁舎はシャンデリアの電球と外観が似ていて、同じ視覚効果をもたらす代替品を探す必要がありました。

 

Novallure LED は理想的な解決策でした。この調光 LED 照明は、従来のシャンデリアの電球と同じ温かな雰囲気を作るように設計されていました。同じ器具にもすんなりフィットし、シャンデリアのカットグラスプリズムに向けて光を放ちます。

 

合計 126 個の LED Novallure がカットグラスシャンデリアとウォールブラケットランプに取り付けられました。新しいランプはギャラリー内の伝統的な高級感を保つだけでなく、省エネも実現し、メンテナンスコストの減少につながりました。プリンスのギャラリーに LED を導入した結果、エネルギー使用量は年間 20,000 kWh 低下しました。これはパーセントに直すと 92.5% に相当します。

 

LED シャンデリア照明の寿命は以前の電球の 20 倍です。つまり、新しい電球は 4 ~ 5 年に一度交換すればよいだけです。

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website