シティ社、 カナリー・ワーフ (英国)  

 

シティ社はオフィス用照明でエネルギー消費用と二酸化炭素排出量の削減に成功しました。

新しい制御  システムによって

人がいるエリアのみ照明する精密なゾーニングが可能になりました。また、調光機能を使用して、ゾーン内の照明レベルを、そのスペースで働く人たちの好みに合わせて調整できるようになりました。 "


- レス・スミス、EMEA クリティカルファシリティーズエンジニアリングマネージャー

顧客の課題

 

シティ社は環境に配慮しています。2005 年の数値と比較して 2015 年までにエネルギー効率を 20% 改善することを目的とした同社は、革新的なアイデアを必要としていました。

    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明

 

"フィリップスがタスクに乗り出しました。フロア全体に設置する前に、テストエリアで既存の照明を LED 照明器具に置き換えました。設置を促進するために、フィリップスは既存の天井器具にフィットするカスタムの照明器具を設計し、設置コストを抑えました。新しい照明システムのクリーンでぎらつきのない照明により視覚的快適性が改善しました。また電力消費量が少ない調光 LED によって電気代を節約する多くの機会が生まれました。


フィリップスの LightMaster コントロールで、さらなる節約が可能になりました。このシステムでは、ビルに入る自然光に応じて照明が自動的に暗くなり、必要以上に人工照明が使用されないようにしています。LightMaster 制御システムでは、動き検出センサーによって、部屋が無人になったときは照明をオフにするオキュパンシー制御も活用しています。
新しい LED 照明の想定外の利点として、長寿命の電球に交換されたことで、メンテナンスコストが大幅に低下しました。全体的な削減は..."

LED とスマートな照明制御システムを組み合わせることで、以前の照明システムと比較して約 45% の省エネを実現しました。ビルの外周では、天然採光だけでも 36% の節電を実現しています。

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website