健康な環境を

支える

ユニリーバ社倉庫・流通センター、
- プロロジスパークピョートルクフ (ポーランド)

 

LED 倉庫照明がより清潔な環境づくりに役立っています

 

  このプロジェクトは、
自然環境への

影響を低減することを誓ったユニリーバの「持続可能な暮らし」プロジェクトで設定された方向にさらに歩を進めるものです。"

 

- マテウシュ・ ミコワイチクス、ユニリーバ社ジュニアロジスティクススペシャリスト

顧客の課題

 

プロロジスは、産業用不動産の大手企業です。業界で 15 年以上の実績を有し、倉庫リーダーおよびマネージャーの中でも群を抜く存在です。同社はユニリーバパークのテナントの持続可能性を向上させたいと考えていました。エネルギー効率のよい照明は役立ったでしょうか?

    • MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

適切な照明 


ユニリーバが作成した「持続可能な暮らし」戦略では、センターの開発にいくつかの目標を設定していました。照明は基準レベルまで照度を上げ、生産的な作業環境をつくり、エリアを魅力的にする必要がありました。メンテナンスとエネルギー消費量に関する特定の要件も満たさなければなりませんでした。


フィリップスは、現在のシステムを評価する照明監査から始めました。光源をアップグレードすることで、必要な照明器具の総量を減らせることが明らかになりました。T8 蛍光電球が、より効率的な T5 に交換されました。その結果、照明器具の総数は 2,136 個から 1,674 個に減少しました。明るくクリーンな光を放つ新しい照明は最適な作業環境を作っています。


新しいシステムは、利用できる自然光の量に従って電球の強さを調整するインテリジェントな照明システムで制御されます。必要以上に人工照明が使用されないため、コスト節約効果があります。さらに、照明器具数の減少は、プロロジス社がメンテナンスにかける時間と費用を節約できることを意味します。

新しい倉庫照明のエネルギー節約は年間約 40% に達します。これは 219,000 トンの二酸化炭素に相当します。新システムによって可能となるコスト節約のおかげで、投資額は 4 年以内に回収できるでしょう。

環境を 
助ける

チーム

プロロジス

クライアント

ユニリーバ社倉庫・流通センター

場所

関連事例

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website