カイロ国際スタジアム、フィリップス ArenaVision LED 照明システムで多目的イベントに対応  


フィリップス ArenaVision LED ピッチ照明をアフリカに初めて導入


※この報道用資料は、2016年5月25日エジプトで発表されたプレスインフォメーションの抄訳版です。

2016 年 5 月 25 日

エジプト、カイロ - カイロ国際スタジアムは、ロイヤル フィリップス (NYSE: PHG、AEX, PHIA) の子会社であり、照明分野で世界をリードするフィリップス ライティングの ArenaVision LED ピッチ照明システムを導入することを選択しました。多目的施設に必要な柔軟性を備えたフィリップス ArenaVision LED 照明を導入するのは、アフリカではカイロ国際スタジアムが初めてです。この革新的な LED 照明では、ライトショーを演出したり、イベントに合わせてスタジアムの特定の部分をライトアップしたりできます。また、テレビ放送時の厳しい照明基準も満たしています。

 

カイロ国際スタジアムはインドア型のスポーツ複合施設です。オリンピック基準を満たす4つの多目的スポーツ アリーナで構成され、観客収容数は 12 万人。フィリップス ArenaVision LED ピッチ照明のメリットを生かした初めてのイベントは、2016 アフリカ男子ハンドボール選手権でした。テレビ放送に必要な照明基準を満たしている同スタジアムは、今後さらに、国際スポーツ競技に関与する機会が増えることでしょう。フィリップス ArenaVision LED 照明は高解像度の超スローモーション再生に対応しているので、従来の照明のようなフリッカーが発生しません。また、以前のメタルハライド システムと異なり、新しい LED システムはウォームアップが不要で瞬時に点灯・消灯できます。

 

フィリップス ライティングのアフリカ担当ゼネラル マネージャー兼エジプト担当マネージャー Tamer Abol Ghar は、「カイロ国際スタジアムはアフリカ最大規模のスタジアムのひとつです。メンテナンス用の精密照明から、ピッチ上のアクションを捉える華やかな照明まで、多目的施設の要件を満たすデジタル LED 照明をいち早く取り入れています」とコメントしています。「今回、アフリカの主要市場のひとつであるエジプトにフィリップス ArenaVision LED 照明システムを導入し、エネルギー消費量の削減というエジプト政府の戦略を支援することになりました」

 

160 台の LED 投光照明からなる新しいシステムでは、従来のシステムに比べてエネルギー消費を最大 50% 削減できます。ユニークなデザインの新しいフィリップス ArenaVision ピッチ照明システムには、長寿命によるメンテナンス コストの削減、選手がプレーしやすいなど、さまざまなメリットがあります。また、瞬時の点灯・消灯が可能なので、試合やエンターテインメント ショーの最中、イベントの種類やテーマに合わせて照明をスムーズに切り替えることができます。エジプトのフィリップス チームは、カイロ国際スタジアムでそれまで使用されていた従来型投光器を、フィリップス ArenaVision LED システムに4か月未満で交換しました。

 

「新しいフィリップス LED 照明システムは、エンターテインメント ショーや展示会はもちろん、国際スポーツ イベントのオープニング セレモニーでも使用できます」と、カイロ スタジアムの屋内ホール複合施設マネージャー Yasser Abdolmoneim Aly 氏。「フィリップス LED 照明はハイビジョン テレビ放送に対応しており、フリッカーが発生しません。また、従来の照明に比べて約 50% の省エネになります。テレビやインターネットなどのマルチ チャネルを通じて、このスタジアムでのイベントを新たな観客に中継する機会が増えることでしょう」

 

フィリップス ライティングとカイロ国際スタジアムは、1991 年、従来型のフィリップス ArenaVision 投光器を初めてアフリカに導入して以来のパートナーです。長年の実績を基盤に、フィリップス ライティングは現在も、省エネに役立つ高度な照明システムとサービスを提供すると共に、ピラミッドなど、エジプトを象徴するランドマークや有名な建物をライトアップしています。近年、フィリップス ライティングは、LED 照明の世界的リーダーとしての地位をさらに確かなものにしました。2015 年にはカイロ オペラハウスの照明を手掛け、その前の 2014 年には、エジプト、ヘリオポリスにある有名なバロン パレスで同様の照明プロジェクトを実施。その結果、カイロ オペラハウスと歴史的なバロン パレスの両方で、電気消費量が 80% 削減されています。

 

注記:

·    フィリップスは 60 年以上にわたり、大きなスポーツ イベントで照明を手掛けています。

·    フィリップス ライティング は LED およびスポーツ照明の世界的リーダーであり、主要な国際スポーツ イベントで使用されるスタジアムの 65% 以上にピッチ照明を導入しています。

·    英バークレイ プレミア リーグ クラブの 70% でフィリップス ライティングの投光照明が使用されています。

·    世界の主要サッカー スタジアムの 55% でフィリップス ライティングの照明が使用されています。

·    フィリップス ライティング ArenaVision LED 照明が導入されたカイロ国際スタジアムの YouTube 動画: https://youtu.be/egmDGjr7Bi4

フィリップス ライティングについて

 

フィリップス ライティング(ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT)は、照明関連の製品、システム、サービスを手掛ける最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を"革新"として提供しています。プロフェッショナル向けと一般向けの両分野を対象に、IoT(モノのインターネット)を活用した家庭、ビル施設、都市空間の変革に取り組むなど、業界をリードする企業として知られています。2016年の売上は7.1億ユーロ。世界70か国におよそ34,000人の従業員を擁しています。フィリップス ライティングのその他のニュースはhttp://www.newsroom.lighting.philips.comでご覧ください。

 

報道関係および企業に関するお問い合わせ

 

フィリップス ライティング ジャパン合同会社

マーケティング部  担当: 久保/豊田