ヨーロッパ初上陸: 「Alexa、リビングルームを南国の夕暮れシーンに設定して」

 

ヨーロッパのフィリップスHueユーザー、Amazon Alexaに話しかけることで照明の制御が可能に

2016年9月14日

※この報道用資料は、2016年9月14日オランダで発表されたプレスインフォメーションの抄訳版です。

 

  • Amazon Alexaのヨーロッパ(イギリスとドイツ)デビューにフィリップス ライティングが参加
  • ヨーロッパでの発売開始と同時に、北米では機能を強化

 

オランダ、アイントホーフェン - 世界有数の照明機器メーカーであるフィリップス ライティング (ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT) は本日、家庭向けフィリップスHue コネクティッド ライティング システムを制御するAmazon Alexaスキルの機能を強化すると同時に、英国およびドイツでのサービス開始を発表しました。

既に米国のフィリップスHue利用者は、Alexa音声制御を使用して照明の明るさ調節や点灯・消灯を行えます。ヨーロッパへの拡大と並行して、北米では、調光シーンやレシピを音声コマンドで設定するといった新機能が顧客向けに追加されます。

この高度な統合により、自分の望みを口にするだけでフィリップスHueの照明体験を味わうことができます。賑やかなパーティで、あるいはロマンチックなディナーで、たとえば「リビングルームをパーティ シーンに設定して」とAlexaに話しかけるだけで、その場にぴったりな照明色が自動的に調整されます。夜、真っ暗な家に帰り、照明のスイッチを手探りでさがす、などというのは過去のこと。玄関で「照明をつけて」とAlexaに話しかければ、暖かい照明に迎えてもらうことができます。忙しい朝、子供たちを起こすのも大変です。「ベッドルームを目覚めのシーンに設定して」と話しかけると、フィリップスHue白色環境ライトがまるで日の出のようにゆっくりと明るくなり、子供たちを気持ちよく目覚めさせます。

「Amazonとの強固な関係を基盤に、このたび、Alexaスキルのサービスをイギリスとドイツにも拡大します」と、フィリップス ライティングのホーム システム ビジネス リーダー Sridhar Kumaraswamy は言います。「Amazonのような大手企業と提携し、Alexaスキル キットを最大限に活用することで、音声だけでコントロールできるまったく新しい豊かな照明体験を提供できます」

「フィリップスHue Alexaスキルの機能が増えたこと、そしてイギリスとドイツへのサービス開始を非常にうれしく思います。これで、革新的な新機能をお客様に提供できます」と話すのは、Alexaの副社長 Steve Rabuchin 氏。「フィリップス ライティングのおかげで、お客様が家庭用照明を容易に管理できるようになりました。Alexaから音声制御すれば、さらにスムーズに照明をコントロールできます」

 

Alexaについて

AlexaはAmazon Echoに搭載されている音声サービスであり、「話しかける」という直観的な方法で機器を操作する機能(スキル)が備わっています。音楽を再生する、一般的な質問に答える、アラームやタイマーをセットするなど、さまざまなスキルが用意されています。

 

発売時期

Amazon Echoは、イギリスでは数週間以内に、ドイツでは来月に発売(当面は招待制)の予定です。Amazon Echoの発売後、Amazon EchoとフィリップスHueパッケージを購入すれば、すぐに音声で照明をコントロールできるようになります。

 

フィリップスHueの詳細については、www.meethue.comをご覧ください。

 

* スキルとは、音声で起動する新しい機能であり、Alexa対応デバイスの機能を拡張します。

フィリップス ライティングについて

フィリップス ライティング (ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT)は、照明関連の製品、システム、サービスを手掛ける最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を"革新"として提供しています。プロフェッショナル向けと一般向けの両分野を対象に、IoT(モノのインターネット)を活用した家庭、ビル施設、都市空間の変革に取り組むなど、業界をリードする企業として知られています。2016年の売上は7.1億ユーロ。世界70か国におよそ34,000人の従業員を擁しています。フィリップス ライティングのその他のニュースはhttp://www.newsroom.lighting.philips.comでご覧ください。

報道関係および企業に関するお問い合わせ:

フィリップス ライティング ジャパン合同会社

マーケティング部  担当: 久保/豊田