• MyProjects でプロジェクトを管理
      MyProjects を使用して、アイテムやプロジェクトを作成、保存、および管理するとともに、同僚やチームメンバーと共有します。

より鮮明な映像、

完璧な画像

交換用 UHP ランプ
     

 

プロジェクターやリアプロジェクションテレビの画質が低下した場合やランプが点灯しなくなった場合は、ランプモジュールの交換時期であることを意味します。交換用ランプまたはモジュールは、プロジェクターまたは RPTV を購入した販売店、インターネット、世界各地の当社販売代理店など、さまざまなチャネルで見つけることができます。フィリップスは、各種のランプシステムを主要な OEM/ODM 企業 (Sony、Samsung、Sanyo、NEC、Infocus など) に供給することにより、映写用照明 (UHP 技術ランプシステム) 市場の創始者となり、市場リーダーの地位を確立しました。

交換用ランプの詳細
     

 

UHP ランプは、マイクロディスプレイプロジェクターの先端的な狭い環境で使用される最高レベルの光出力を備えているため、プロジェクターやリアプロジェクションテレビの光源として最適です。UHP ランプには、動作寿命が長く、耐用期間中の光束減衰が小さいという長所があります。ただし、UHP ランプは極度の高温 (日光の温度を超える場合も含む) に注意して使用する必要があことと、高圧下 (約 200 ~ 250 bar) で動作することを認識する必要があります。

 

 

UHP ランプが正常に動作するための基本条件は、アーク長の安定性、ランプの内部で使用される物質の適正な注入、その物質の品質です。UHP ランプの製造工程に誤りがあった場合、(初期) 不良、寿命の短縮、および光束減衰につながる可能性があります。

UHP ランプの製造工程では品質管理プロセスが重要となりますが、それに次いで重要となるのは、フィリップスがプロジェクターやリアプロジェクションテレビの製造用として OEM に供給する UHP ランプには必ず (高電圧の) バラストが付属する点を認識することです。システム (ランプ & バラスト) は、画面上の画像をフラッタフリーとし、優れた色の再現性を確保するために、共同で開発し、相互の連携を図っています。フィリップスでは、開発および生産に関して詳細なリリース手順を定めることにより、特定のランプ タイプとバラストが正常に動作するよう万全を期し、最適なテレビ映像および映写体験を保証しています。ランプを交換すると、プロジェクターやリアプロジェクションテレビは購入時と同様の性能を発揮することができます。
フィリップスが考案したウルトラハイパーフォマンス (UHP) 高輝度放電ランプは、点状アークと長寿命という 2 つの長所を併せ持っています。

用語解説

ランプモジュールは、ランプ (電球) と、電気コネクタが入ったケージ (ハウジング) という 2 つの主要な要素で構成されています。

 

UHP ランプ – 照明技術の世界的リーダーがプロジェクターおよびリアプロジェクションテレビのメーカーとの緊密な協力関係の下で開発したウルトラハイパーフォマンス電球。

 

ケージ – ランプを正しく固定し、ユーザーによる安全かつ容易な交換を実現するために設計および製造されたハウジング (通常は、物理的に異なるプロジェクターモデルごとに固有の特注ケージ設計が必要となる)。

 

オリジナルのランプ - 技術特許 (フィリップスの UHP™ など) を保有する正規のランプ開発者が製造し、OEM プロジェクターに最初から取り付けられていたランプ。製品安全データシート (PSDS) (PDF、76 KB) には、製品の安全性および基本的な環境的側面に関する UHP ランプの全般的な製品特性が記載されており、映写用途に UHP ランプを使用する際に考慮する必要があります。

 

純正品のランプ - 元の機器において OEM が取り付けたランプと同じ性能基準および信頼性を実現するランプ。

 

純正品のランプモジュール – レプリカまたはオリジナルのケージに取り付けられたオリジナルまたは純正品のランプ。

You are now visiting our Global professional lighting website, visit your local website by going to the USA website