グローバルブランド

    インテリジェント化が進むほど

    持続可能性が高まる

    照明制御

     

    店舗の照明を状況に応じて簡単に調整でき、それによってエネルギーコストを最適化できます。

    スケジュール設定  

     

    照明器具は調光が可能であるため、制御装置と組み合わせることによって無限の柔軟性を発揮します。店舗が最も込み合うコアタイムの間は、照明の光度を最高レベルに設定できます。

     

    夜間や在庫の補充中など、それほど忙しくない時間帯には光度がバックグラウンドレベルまで低下するように照明をプログラミングできます。 

     

    • エネルギー必要量の低下によってコストが低減
    • ニーズに応じて照明を個別に調整可能
    1 日を通じた店舗の省エネの可能性

    光度の維持  

     

    "どの照明も時間とともにゆっくりと輝度を下げていきます。これまでは、不足した場合に備えて光束出力を大きめに設定するしかなかったため、照明の光度が過剰になり、エネルギーを浪費していました。LED と制御装置があれば、照明レベルの維持が可能になります。


    現在は、照明を設備からの適切なレベルに設定できるため、LED と制御技術の導入による省エネに加え、さらに 10% の省エネが可能になります。"

     

    • 最適な照明強度
    • 低いエネルギー消費
    フィリップスの LED 照明で照らし出された野菜&果物売場

    店舗の印象

    フィリップスの LED 照明で照らされたワイン売場

    感性

    心地よい光と入念に練られたアクセント照明で商品をディスプレイします。
    フィリップスの LED 照明で照らし出されたスーパーマーケットのエントランス

    誘引

    開放的で温かみのある雰囲気が買い物客を出迎えます。 
    フィリップスの LED 照明に照らし出されたウィーン (オーストリア) のスーパーマーケット、ユーロスパーの屋外駐車場

    効率的

    適切な時間帯に適切なレベルの照明が点灯します。

    製品

    関連事例

    お問い合わせ

     

    フィリップスのプロフェッショナルな照明システムのお取引についてのお問い合わせは、このフォームをお使いください

     

    詳細な質問がございましたら、詳細フォームをお使いください