古代の歴史、
近代的照明

エジプト博物館、トリノ

 

LED の美術館照明によって、古代の工芸品が最適な照明で輝きます。

フィリップスの省電力 LED スポットの照明を受けて輝くイタリアのエジプト博物館の彫像

非常に印象的で、
喜んでいます

   

これが LED 照明とは信じられないでしょう。省電力型の MASTER LEDspot のおかげで、カーの墓と彫像では月におよそ 600 ユーロ節約できました。 "

 

- エレーニ・ビッシリカ、エジプト博物館ディレクター、トリノ

 

 

フィリップスの最新テクノロジーの LED 照明を受け、エジプト博物館の王座で輝く彫像
フィリップスの照明を受けて輝くイタリアのエジプト博物館の彫像

顧客の課題

 

トリノのエジプト博物館は、古代の歴史にスポットライトを当てています。カイロ博物館に次ぐ、世界を先端をいくエジプト芸術専門の施設です。2010 年にギャラリーを一新した博物館は、余分な熱を発することなく、各展示物がそれぞれにふさわしい注目を浴びることができる照明を必要としていました。

適切な照明 

 

トリノのエジプト博物館は古代の遺物を収容していますが、現代テクノロジーには未知の領域ではありません。博物館の経営陣はフィリップスに 2 つの主要目的を果たすよう依頼しました。まず、照明は、影が出すぎない明るさで各展示物を照らす必要がありました。第 2 に、スタチュアリオ (彫像) に長年使用されていた照明は、オスカーを受賞したアートディレクターのダンテ・フェレッティによる既存の照明を複製するものに置き換える必要がありました。

 

LED の美術館照明がテストされました。経営陣は LED への切り替えに不安を感じていましたが、照明が設置されると、その利点は明らかでした。カーの墓には多数の展示物がありますが、影を最小限に抑えた明るい暖色系の照明によって工芸品に命が吹き込まれました。各展示物がそれぞれにふさわしい注目を浴びています。

 

以前の照明は彫像を美しく補完していました。しかし、古いトランスフォーマーが機能せず、ハロゲンランプからは大量の熱とほこりが放出されていました。ダンテ・フェレッティの祝福により、私たちは MASTER LED スポットライトを交換品として使用することができました。照明の基礎となっているコンセプトに変更はありませんが、彫像には過剰な熱を発生しない温かな色の照明が使用されています。

 

彫像の新しい照明には、オリジナルの照明デザインより 80 個少ない、150 個のランプしか使用されていません。さらに、新しいランプのエネルギー消費量は最大で 80% 低減され、ほとんど熱を発しません。博物館の光熱費は大幅に減少しました。また、LED は長寿命なので、メンテナンスにかける時間も短縮されます。

見応えのある
展示物

チーム

エレーニ・バッシリカ、エジプト博物館

クライアント

ニコラ・ポルゼッラ、フィリップス Ilti ルーチェ

フィリップスパートナー

関連事例