放置された鉱山から

地元の資産へ

C-鉱山、
ヘンク (ベルギー)


放置された鉱山の照明がヘンクのコミュニティの成長に役立ちました

 

フィリップスのライトアップですばらしいランドマークに生まれ変わった C-鉱山

エネルギー効率、
標準、 

カスタマイズされた LED ソリューションの組み合わせが、この史跡に生命を吹き込みました。将来のイベントには、それぞれにふさわしいスタイルが適用されます。 "

 

- ウィム・ドリース、ヘンク市長

 

C-鉱山を際立たせる魅力的な色彩の照明
朝の C-炭坑

顧客の課題

 

へンクの C-鉱山は産業遺跡です。かつて繁栄した炭鉱ビジネスの地では、今も 2 つの金属製立坑坑口が圧倒的な存在感を示しています。現地周辺の広場の美化と観光業の活性化を希望していた地元の職員たちは、画期的な照明コンセプトを探していました。

適切な照明 


史跡の中心は、それぞれ高さが 50 メートルと 70 メートルもある 2 つの巨大な立坑坑口です。当地の歴史の保存を希望する地元議会は、これらを視覚的な魅力を放つ拠点にしたいと考えていました。

 

フィリップスにはすぐに使用できる革新的な発明技術がありました。フィリップスの画期的な LEDline 照明器具が立坑上部の内側と端に沿って注意深く配置され、骨格の金属構造にはカラフルな屋外照明で埋め込まれました。夜間の立坑坑口はまさに一見の価値ありです。ライトを設置した坑口は、印象的なネオインダストリアルランドマークとして生まれ変わり、ヘンクの歴史におけるその重要性を称えています。

 

さらに、LED 名所旧跡照明システムは広場の周囲にも設置され、訪問するにも、ただ通り過ぎるにも楽しい場所になっています。広場の中心からサイドに照明を移動したことで、人々の注目が周辺のすばらしい構造物に注がれるというメリットがありました。その地域の魅力が増し、ヘンク市議会はエネルギー効率に優れ、メンテナンスが容易な LED 照明のおかげで所有コストを低く抑えることができています。

 

コミュニティ全体が、生まれ変わった鉱山の恩恵を受けています。観光客が増え、当地の新しいベンチャー企業が美術の文化センターに資金を拠出しています。

町の歴史を
光で称える

チーム

ヘンク市議会

クライアント

Web サイト

 

ハネケ・キーネ、HOSPER

景観設計家
Web サイト

リュク・ペウマン、ペインティングウィズライト

照明デザイン
Web サイト

関連事例