グローバルブランド

    姿勢を示す: 

    環境保護への取り組み

     

     

    環境に対する取り組みの認定

    エネルギー規制は常に進展しています。多くの地方自治体がエネルギー消費や二酸化炭素排出量の義務的な目標を設定しています。ただし、環境に対する取り組みの認定を取得することは、ブランドイメージを高め、一般の人々の尊敬を勝ち取り、他の医療機関に模範を示すことにもつながります。

     

    フィリップスは、最先端の照明技術によって、お客様がエネルギー目標を達成し、それ以上の成果を上げることができるよう支援します。

    環境に優しい病院の廊下を歩いている看護師

    ご存じでしたか?

    英国では、2011 年エネルギー法により、2018 年からエネルギー効率の低いほとんどの建物を賃貸できなくなります
    英国では、2011 年エネルギー法により、2018 年からエネルギー効率の低いほとんどの建物を賃貸できなくなります
    サンフランシスコの環境に優しいビル推進プログラムにおいて既存のビルが最初の 10 年間で達成した省エネによる節約の推定額は 6 億 1,200 万ドルに上る
    サンフランシスコの環境に優しいビル推進プログラムにおいて既存のビルが最初の 10 年間で達成した省エネによる節約の推定額
    二酸化炭素排出量を 144 万トン削減 – 東京の義務的な二酸化炭素排出削減プログラムの初年度の成果
    二酸化炭素排出削減量 (単位はトン) – 東京の義務的な二酸化炭素排出削減プログラムの初年度の成果

    将来について保証された 
    ソリューション

     

    環境に優しい病院用照明に切り替えるだけで、現行法令を遵守できる可能性があります。フィリップスの革新的なシステムによって、持続可能性に配慮した長寿命のソリューションを導入し、現在および将来のエネルギー目標を超える成果を上げることができます。

     

    フィリップスでは、環境に優しい製品の詳細な特性を公開できるため、医療機器の環境に配慮した購入も支援できます。

    世界各国の
    環境保護プログラム

    エネルギー目標を設定することは必ずしも難しくはありません。世界各国に所有者による義務的な目標の達成や自主的な認定の取得を支援するプログラムがあります。

     

    BREEAM (建築物環境性能評価手法) による評価は、米国で自主的な認定として導入されたもので、現在は 50 を超える国で使用され、一部の国では独自の改変を加えて運用しています。

    医師が MRI 検査の準備をしている
    ビルに関する自主的認定制度および持続可能性評価制度の例:
     
    • BREEAM Outstanding Offices UK (BREEAM 優秀オフィス、英国)
    • LEED (Leadership in Energy and Environmental Design (エネルギーおよび環境デザインリーダーシップ))
    • HQE (Haute Qualité Environnementale)、フランス
    • DGNB (Deutsche Gesellschaft für Nachhaltiges Bauen e.V.)、ドイツ
    • VERDE、米国
    • Energy Star (エネルギースター)、米国
    • Green Mark (グリーンマーク)、シンガポール
    • Green Star (グリーンスター)、オーストラリア
    • 規格 5281、イスラエル。このユニークな自主的認定制度は、受動的で低エネルギー消費の建築を推奨するものです。
    医師がレントゲン撮影機で患者の検査を行っている