生鮮食品用 LED レシピで生鮮食品を魅力を最大限引き出す

生鮮食品用照明がもたらすメリット

生鮮食品のメリット
最高の陳列演出

調査によると、人は新鮮な商品の色を実際よりも色が鮮やかなものとして記憶していることが分かっています。そして、実際に製品を選ぶ際には、消費者の好みがさらに上方修正され、記憶している色よりもさらに彩やかな色を求めるようになります。適切なライト レシピを使用することで、商品陳列を最適化し、売上を向上させることができます。 

品質を維持する

照明が不十分な場合は、生鮮食品の品質に影響を与えます。適切なライト レシピを適用することで、食品の鮮度を長持ちさせ、保存期限を延ばし、廃棄物を減らすことにもつながります。

記憶に残る体験の創出

生鮮食品用LED 照明のレシピは、傷みやすい生鮮食品の陳列と品質を向上させることで、生鮮食品売り場での差別化に役立ちます。

生鮮食品用 LED ライト レシピで何が実現できるか

食品は見た目がよければ、味もよいということを、買い物客は経験として知っています。ぜひ、私たちがご用意している LED レシピのポートフォリオをご覧ください。新鮮な食材を最もおいしく見せ、廃棄物を最小限に抑えることができます。 

スライス肉製品の画像

調査によると、顧客は色鮮やかな色の肉を好むことが分かっています。私たちの生鮮食品用 LED 照明 Rose は、小売店や食肉の専門家と特別に開発したもので、肉の赤味を引き立て、変色を遅らせることで、廃棄物の削減にもつなげることができます。

鮮魚に最適な照明

鮮度は店舗の成長を加速させる要素エンジンです。肉やチーズ、果物や野菜、魚介類など、新鮮な食材は実店舗で消費者を魅了し続けています。食材は見た目の新鮮さが重要です。

果物と野菜

生鮮食品売り場は、顧客ロイヤルティが築かれる場所であり、この売り場に惹きつけられて店舗に足を運ぶ買い物客も多く存在します。また、果物や野菜には独自の課題があります。新鮮な野菜や果物は、生きている組織であるため、配慮が必要です。

濃厚でクリーミーなチーズ

チーズに光が当たると、脂肪 (脂質) が酸化し始め、外観が変わり、そのまま放置すれば味や香りが変わってしまいます。生鮮食品用ライト レシピ Champagne は、デリケートな食材を美しく演出し、最高の鮮度と品質を保つことができます。

完璧なジャガイモ

光はジャガイモの緑化に大きく影響します。暗闇の中で適切に保管されている場合は、緑化は発生しません。もちろん、これはスーパーマーケットでは不可能です。私たちのライト レシピを活用することで、ジャガイモを新鮮に保つことができます。

美しいパンとペストリー

焼きたてのパンやロールパンの香りは格別です。適切な照明があれば、さらに魅力が増します。生鮮食品用に開発された LED 照明のライト レシピ 「Champagne」は、パンを鮮やかに見せ、食欲をそそる、我慢できないほどの魅力をアピールします。

事例

EDEKA Hamburg 社

EDEKA Hamburg 社では、Interact Retail ソフトウェアで制御される LED 照明を導入して上質なショッピング体験を作り出しました。

連絡先

ご質問、その他のお問い合わせについては、お問い合わせセンターまでご連絡ください。

ダウンロード

展開エリアと照明